「個別の診療報酬の算定項目の分かる明細書」の発行について

 当院では、医療の透明化や患者様への情報提供を積極的に推進していく観点から、平成22年4月1日より、領収書の発行の際に、個別の診療報酬の算定項目の分かる明細書(外来・入院医療費明細書)を無料で発行することと致しました。 また、公費負担医療の受給者で医療費の自己負担のない方についても、希望される方については、平成28年4月1日より、明細書を無料で発行することと致しました。 発行を希望される方は、会計窓口にてその旨お申し付け下さい。

 なお、明細書には、使用した薬剤の名称や行われた検査の名称が記載されるものですので、その点、御理解いただき、ご家族の方が代理で会計を行う場合のその代理の方への発行も含めて、自己負担のある方で明細書の発行を希望されない方は、 会計窓口にてその旨お申し出下さい。

施設基準等案内

九州厚生局への届出事項に関する事項

  1. 基本診療料の施設基準等
    • 精神病棟入院基本料(15:1)
    • 看護補助加算3
    • 療養環境加算
    • 精神療養病棟入院料
    • 認知症治療病棟入院料1
    • 後発医薬品使用体制加算1
  2. 特掲診療料の施設基準等
    • 薬剤管理指導料
    • CT撮影及びMRI撮影
    • 精神科作業療法
    • 精神科デイ・ケア「大規模なもの」
    • 精神科デイ・ナイト・ケア
    • 重度認知症患者デイ・ケア料
    • 医療保護入院等診療料
    • 抗精神病特定薬剤治療指導管理料
  3. 入院時食事療養に係る届出事項
    • 入院時食事療養(I)
    • 当院は管理栄養士により、患者様の疾病・病状・年齢等に適切な栄養量及び内容の食事療養を行っております。 食事の提供は、管理栄養士によって管理された食事が適時(夕食は午後6時以降)適温で提供されます。 また、治療食の提供をしています。食堂における食事の提供をしています。

  4. その他届出
    • 酸素単価

入院基本料に関する事項

  1. 当院は厚生労働大臣が定める基準による看護(基準看護)を行っている保険医療機関です。
  2. 当院の本館A病棟、本館C病棟は、日勤・夜勤合わせて入院患者様15人に対して1人以上の看護職員及び看護補助者(5割以上の看護職員)を配置しています。
  3. 当院の南館病棟は、日勤・夜勤合わせて入院患者様15人に対して1人以上の看護職員(4割以上の看護師)と入院患者様75人に対して1人以上の看護補助者を配置しています。
  4. 当院の東館病棟は、日勤・夜勤合わせて入院患者様20人に対して1人以上の看護職員(2割以上の看護師)と入院患者様25人に対して1人以上の看護補助者を配置しています。
  5. 当院は厚生労働大臣が定める基準において、患者様の負担による付添看護は行っていません。

病床について

許可病床数:310床